無添加とは

無添加とは、特定の物質が入っていない原液100%や、成分100%のことをいいます。
この特定の物質とは、天然には存在しない化学合成された物質のことをさしています。

無添加=安全」といったイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか。
では、無添加にはどういったものがあるでしょうか。

まずは、よく耳にする「無添加食品」。
無添加食品とは、食品添加物に分類されるものや、合成添加物が使われていない食品のことです。
そして食品添加物とは、食品製造に使用する製造用剤などのことで、他にも、甘味料、着色料、保存剤、栄養強化剤など、食品をキレイに見せたり、栄養成分を強め、保存性を高めるものもあるようです。
また、食品添加物に対する技術が進み、以前よりも商品の価格を下げて販売出来るようになったため、普段の生活で購入しているものには、添加物の含まれている食品も多いといえます。

次に、「無添加化粧品」についてです。
無添加化粧品には、化学成分を添加しないのは勿論、着色料や香料などにも加工原料ではなく、天然原料を使用しているものもあります。
2001年4月以前の制度では、(旧)表示指定成分を含む化粧品は、ラベルにその成分を表示する義務があり、そして表示指定成分を添加していないものが「無添加化粧品」とされていました。
※旧表示指定成分とは、アレルギーを引き起こす可能性のある102の成分のことをいいます。
しかし2001年4月以降、全成分を表示しなければならなくなり、全ての成分をみて化粧品を選ぶことができる反面、何が無添加なのか、アレルギーを引き起こす危険な成分はどれなのか、分からなくなってしまった気がします。
現在、実際に販売されているものには、「旧表示指定成分無添加化粧品」や「着色料無添加化粧品」などの表記で販売されているものなどさまざまなようです。

そして、「無添加石鹸」。
無添加石鹸には、合成洗剤などを使用していない石鹸というだけでなく、使用されているオイルが食用レベルの石鹸などもあります。
最近話題になっている牛乳石鹸や、シャボン玉石けんの中にも、無添加石鹸もあるようです。

他にも無添加には、「無添加住宅」などもあります。
無添加住宅とは、シックハウス症候群の原因となる合成化学物質や、化学建材を使用せずに天然素材を利用して建てられた家のことです。

食品、化粧品、石鹸、住宅など、全てを完全な無添加にすることが出来たら、本当に「無添加=安全」となり、安心した生活が送れるのではないか、と私は思います。

Google大好きです。